検索関連結果

全ての検索結果 (0)
2024年6月 日本語教師のためのセミナー情報

 

暑さを感じつつも過ごしやすい気候が続くこのごろですね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。さて2024年6月のセミナー情報をお届けします。冒頭で紹介しています、「『できる日本語』ブラッシュアップ講座」は先日、名古屋で開催され、大変盛況で、学校同士の横のつながりも生まれたようです。時間の許す方はぜひさまざまなセミナーに参加して刺激を受けてください。

 

▼凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座-課題に向き合い、仲間とともに、より良い実践をめざしませんか-

『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。

事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。

主催:アルク・凡人社

日時・会場:

全日:13301600(受付開始 1300)※各会場先着順、定員になり次第締め切ります

■札幌

2024年6月29日 (土) 札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24

■大阪【満員になりました】

2024727日 (土)大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19

■福岡

202491 日(日)福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2

講師:嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修)、他『できる日本語』著者の先生方

参加費:無料※要予約

詳細・申込方法 https://www.bonjinsha.com/wp/event 

NPO法人日本語教育研究所 主催 文部科学省委託 令和6年度現職日本語教師研修プログラム普及事業 就労者に対する日本語教師【初任】研修

日本語教育研究所は本年度も文部科学省より現職日本語教師研修プログラム普及事業を受託いたしました。これから新たに就労者に日本語を教えたいと考えている方が対象の研修です。スキルアップにぜひお役立てください。就労者に対して実践的なビジネス日本語教育/指導ができる教師を目指しましょう。

日程:2024629日(土)~202529日(日)

主催:NPO法人日本語教育研究所

形式:

・オンライン(オンライン上での集合研修または動画視聴による個人学習)

・「就労者の異文化適応」「教材研究」は1日対面(東京・大阪)で実施。オンラインでの参加も選択可能。

対象:

1)日本語教師として下記のいずれかの要件を満たす方

①大学/大学院で日本語教育に関する教育課程を修了し、大学/大学院を卒業/修了した方

②大学/大学院で日本語教育に関する科目の単位を 26 単位以上修得し、大学/大学院を卒業/修了した方

③公益財団法人日本国際教育支援協会「日本語教育能力検定試験」に合格した方

④学士の学位を有し、日本語教師養成講座 420 単位時間以上を修了した方

2)原則として、就労者への日本語教育歴が0~3年未満の方

受講料:20,000円(教材費込み/税込み)

申込締切:2024年5月29日正午

詳細・申込方法:https://docs.google.com/document/d/1HYppwdr3UHX3lvGnl0Px_BWRwVRzmHgilEBpiH16VBU/edit 

▼凡人社オンライン日本語サロン研修会 学習意識を改革する8つの法則と教室での実践

近年、学習者オートノミーを促進するためのアドバイジングへの関心がますます高まっています。オートノミーに有効なアドバイジングの実践と方策について紹介した『リフレクティブ・ダイアローグ』の姉妹編として、学習者が自律的な言語学習の習慣を身に着けるためのワークブック『学習意識改革ノート』が今春刊行されました。本イベントでは、『学習意識改革ノート』を教室活動でどのように使用するか、日本語学習者と一緒に使用するための工夫など、日本語運用能力に応じた使用方法についても考えてみたいと思います。

日時:2024615日(土)10301200(オープン1010日本時

主催:大阪大学出版会・凡人社

講師: 加藤 聡子 先生(神田外語大学)、義永 美央子 先生(大阪大学)

形式:ZOOM

参加費:無料要予約 前日(6/1417時までに招待URLを送ります

詳細・申込方法:https://www.bonjinsha.com/wp/event 

▼凡人社日本語サロン研修会@大阪 社会につながる日本語教師養成のための理論と実践

日本語教育の実践と研究のあり方を考えた『一歩進んだ日本語教育概論 実践と研究のダイアローグ』(大阪大学出版会発行)が今春刊行されました。
本イベントでは、日本語教育学における本書の位置付けに関するレクチャーや本書収録のディスカッション課題のデモンストレーションなど、日本語教員養成において導入できるアイデアをご紹介します。これからの社会で日本語教育ができることは何かを参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。

日時:6月16日(日)13:30~15:00(受付開始13:00)
主催:大阪大学出版会・凡人社

講師:西口 光一 さん(『一歩進んだ日本語教育概論』著者)
神吉 宇一 さん(『一歩進んだ日本語教育概論』著者)
義永 美央子 さん(『一歩進んだ日本語教育概論』著者)


会場:KP心斎橋駅前カンファレンスセンター(大阪市中央区南船場3-11-18郵政福祉心斎橋ビル)
参加費:無料 ※要予約
詳細・申込方法:https://www.bonjinsha.com/wp/event 

▼「介護の日本語」教師養成コース

介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。

主催:資格の大原 日本語教師養成講座

日程:20246月2日(日)、6月9日(日)、6月16日(日)、 623日(日) 630日(日)、77日(日)、714日(日)

時間:午前9501300 午後13501700 6月2日のみ午後13:5017:00

定員:通学(東京水道橋校)8名、Webライブ(ZOOM20名 定員制・先着順

会場:学校法人大原学園 東京水道橋校

参加費:86,500円(税込) 受講料の他に6,000円の入学金(税込)が必要です。

参加要件:日本語教師の資格を有する方

詳細・申込方法:https://www.o-hara.jp/lp/1400/ (締切:2024年5月28日)

関連記事


「技能実習制度」から「育成就労制度」へ

「技能実習制度」から「育成就労制度」へ
2024614日に、「育成就労制度」の創設を盛り込んだ改正入管難民法が参議院で可決、成立しました。これまで何かと批判の多かった「技能実習制度」に代わり、新しい制度がスタートします。ここでは、「技能実習制度」から「育成就労制度」への変更点、またその中での日本語教育の位置づけについて見ていきます。

インバウンド訪日客がコロナ禍前を上回る

インバウンド訪日客がコロナ禍前を上回る
JNTO(日本政府観光局)の発表によれば、2024年春はコロナ禍前を上回る外国人旅行客が日本を訪れていたことがわかりました。特に3月、4月は、観光地や町中で外国人の姿を見かける機会が増えたのではないでしょうか。初めて日本にやってきた旅行客の目に、日本社会や日本語はどのように映るのでしょうか。

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む
「日本語教育機関認定法 よくある質問集」は、文化庁によって日本語教育の所管が行われていた時から改定が重ねられてきたものです。今回の改定版によりQA233にも及ぶ、大変充実した「質問集」になりました。この「質問集」の中から、新しく更新された情報を中心にピックアップしてみます。

在留外国人数が過去最高の341万人に

在留外国人数が過去最高の341万人に
出入国在留管理庁によれば、令和5年(2023)末現在における在留外国人数は、341992人となり、前年末(3075,213人)に比べ、335,779人(10.9%)増加しました。令和4年(2022)年末に、在留外国人数は初めて300万人を超えましたが、その後も増加の勢いは増すばかりです。在留外国人数の増加の背景を考えます。 

ローマ字表記の内閣告示を70年ぶりの見直しへ

ローマ字表記の内閣告示を70年ぶりの見直しへ
文化審議会国語分科会 国語課題小委員会は、1954年に出されたローマ字表記に関する内閣告示の見直しについて報告案を取りまとめました。70年前に定められたローマ字表記の内閣告示が見直されることになりそうです。ローマ字表記に関する現状と問題点についてまとめます。