検索関連結果

全ての検索結果 (0)
教科書について考えてみませんか-第3回 タスク先行型授業にチャレンジ!

2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)

「はじめに文型ありき」からの脱却

「シラバスの融合を図る」ことの可能性について、前回お話ししました。確かに、「文型積み上げ式教科書」であっても、教師の工夫でコミュニケーション力を付ける授業をすることができます。私が勤務していた日本語学校でも、以前は「文型積み上げ式教科書」を使っていました。みんなで話し合い、アイディアを出し合い、やってはきたのですが、以下のような問題がありました。

〇場面・状況設定の必要性はわかっていても、つい、文型に注目しがちである。

〇教師によってかなり違うやり方になったり、タスクが重なったりする。

〇学習者自身が、「文型積み上げ式教科書」に引っ張られてしまう。

こんな悩みを解消したいという思いが、オリジナル教科書の作成につながっていきました。「たかが教科書、されど教科書」と、真剣に教科書作成に取り組むに当たって心に決めたのは、「タスク先行型授業」の実現でした。

とはいうものの、「やっとあいさつができるレベルなのにタスク先行ができるのか」、「それで文法をしっかり身に付けることができるのか」と、さまざまな疑問が出てきました。意見の一致を見るまでには、かなりの時間と労力が必要でしたが、ついに「初級だって大丈夫。タスク先行でいこう!文型が後ろに隠れた教科書を作ろう!」と、みんなの考えはまとまりました。

「毎日、日本語の海の中にいる学習者の生活は、チャレンジの連続。だから、日本語の授業も接触場面を大切にして、タスク先行でやろう」というA先生。「文法的な知識も、場面・状況と一緒に学んでこそしっかり定着する」というB先生。こうした意見の積み重ねが、新しい教科書の土台となりました。

タスクとは「達成すべき課題」のことで、「許可を求める」「人を誘う」「人の誘いを受けたり、断ったりする」などが挙げられます。例えば、「許可を求める」というタスクでは「~てもいいですか」などの文型が使われますが、この文型が最初に出てくるわけではありません。「タスク先行型授業」とは、まずはタスクをやってみることから始まります。

一方、「文型先行型授業」では、まず動詞のテ形を導入し、それを使った文型として「~てもいいですか」を学び、その後応用練習をするという形になります。「初めに文型ありき」であり、タスクは後ろに引っ込んでいます。

下の資料を見てください。これは私たちが制作した教科書の中の1ページです。大きいイラストは「美術館に向かうバスの中」の場面。その下の左のコマのイラストは「隣の席に座る許可を求める」というタスクを表しています。学習者は、このイラストを見て、「こんな時、なんて言うんだろう?」と考え、まずは、このタスクにチャレンジするところから学びが始まります。例えば、クラスではこんなやり取りがあります。

学習者:すみません、いいですか。

教師 :いいですか?

学習者:私は座ります。いいですか。

教師 :座ります?

学習者:私は座りたいです。そこ、いいですか。

十分考えたところで、この教科書では、CDでモデル会話を聞きます。こうして学習者が、自分自身で、「そうか。こういう場面では『隣に座ってもいいですか』って言うんだ」と気付いていきます。タスクから入った文型は、使える日本語としてしっかり定着していきます。

これは、場面が移っても心配要りません。「ここで写真を撮ってもいいですか」「ここでお弁当を食べてもいいですか」と、許可を求めるための表現がどんどん口をついて出てきます。これがタスク先行型授業の大きな魅力なのです。

嶋田和子

アクラス日本語教育研究所代表理事。著書に『できる日本語』シリーズ(アルク、凡人社)、『OPI による会話能力の評価(共著)』(2020 年、凡人社)、『人とつながる 介護の日本語』(2022、アルク)など多数。趣味:人つなぎ、俳句  目指していること:生涯現役

www.dekirunihongo.jp

関連記事


教科書について考えてみませんか-最終回 対話で新たな教師人生を!

教科書について考えてみませんか-最終回 対話で新たな教師人生を!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)

こういう人材に育てたいという目標があって、教材があるー『できる日本語』採用校インタビュー(友国際文化学院)

こういう人材に育てたいという目標があって、教材があるー『できる日本語』採用校インタビュー(友国際文化学院)

「日本語教育の参照枠」を具現化できる教科書、『できる日本語』。全国で使っている学校が増えてきています。ではどのように導入したのか、迷ったりしたことは何か、導入後の様子はどうなのか? このシリーズでは『できる日本語』について知りたいと思っている方に向けて、使っている学校の先生方に学校の様子、どんな思いを持って導入したのかなど、「ホントのところ」を伺っていきます。今回お話を伺ったのは友国際文化学院の教務主任、鎌田さんです。


教科書について考えてみませんか-第11回「学習者が話したくなる教科書」とは

教科書について考えてみませんか-第11回「学習者が話したくなる教科書」とは
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)

教科書について考えてみませんか-第10回 学習者の自律的な学びを考える

教科書について考えてみませんか-第10回 学習者の自律的な学びを考える
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)

教科書について考えてみませんか-第9回 21世紀の日本語教育は“対話”重視2

教科書について考えてみませんか-第9回 21世紀の日本語教育は“対話”重視2
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)