検索関連結果

全ての検索結果 (0)
日本語教師の将来性を生成AIに聞いてみました

日々のニュースで、その言葉を聞かない日がないというぐらい注目されている「生成AI」。社会のあらゆる面で広く普及し始めていますが、未だに敬遠している日本語教師は少なくないかもしれません。生成AIを使い始めるのは何となく敷居が高そうに見えますが、実は驚くほど簡単です。ここでは生成AIを使い始める方法と、実際に生成AIを使って日本語教育に関連してあれこれ聞いてみたことをレポートします。

代表的な生成AIを使うには

代表的な生成AIとしてよく名前が挙がるのは、「ChatGPT(チャット ジ―ピーティー)」「Bard(バード)」「Bing(ビング)」などです。

それぞれ細かい違いはありますが、まずは使い始めてみて、その効果を実感するのがいいと思います。それぞれの使い方は非常に簡単です。

ChatGPT

Introducing ChatGPT (openai.com)

最初にアカウントの作成が必要です。上記のURLの画面から「Try ChatGPT」→「Sign up」→メールアドレスの入力→電話番号の入力→電話番号のSMSに届いたコード入力……のように進めれば、ChatGPTが使用できるようになります。

Bard

https://bard.google.com/chat

BardはGoogleがリリースした生成AIです。アカウント作成は不要で、上記のURLからすぐに使い始めることができます。

Bing

https://www.bing.com/

BingはMicrosoftが提供する検索エンジンですが、こちらにChatGPTが搭載されています。アカウント作成は不要で、上記のURLの画面の左上にある「Chat」をクリックすれば、すぐにBingが使えるようになります。

日本語教師の将来性は明るい?

3つの生成AIに同じ質問を投げてみました。まずは、「日本語教師の将来性」についてです

日本語教師であれば気になるこの質問に対して、3つの生成AIが全て、「日本語教師の将来性は明るい」と前向きに答えてくれました。理由として挙げていたのは、大きく以下の3点です。

・グローバル化の進展

・日本への国際的な関心

・オンライン教育の普及

グローバル化の進展により国境を越えた人の移動が盛んになり、外国人が日本に留学する、あるいは日本で働く機会が増え、それに伴って日本語を学ぶ外国人も増えるという予想です。特に、外国人が日本で働くことについては、少子高齢化による日本人の生産年齢人口の減少を背景に、政府が外国人材の確保に積極的であることが強い根拠になっています。

日本への国際的な関心が増加するためには、日本が経済力や文化面で世界から見て魅力のある国であることが条件になるでしょう。また、オンライン教育により、物理的な距離や時間の制約が軽減され、国内以外の日本語学習者にも容易に授業を提供できるようになることは、日本語教師にとって明るい材料の一つだと思います。

生成AIの中には、日本語教師の国家資格化により、日本語教師の資格やスキルの標準化が図られることで日本語教師の職業価値が高まるだろうと、最新状況を反映して予測しているものもありました。

日本語はどこが難しい?

次に、「日本語を学ぶ際の難しさ」について聞いてみました。生成AIが挙げてきた理由は、主に以下の3点です。

・文字

・敬語

・文化的な背景

日本語のように、ひらがな、カタカナ、漢字の3種類の文字を使い分ける言葉というのは、他にはあまり例がないでしょう。アルファベット26文字さえ覚えればいいという言葉が母語である学習者にとってみれば、とてつもなく文字の種類の多い言葉だと思います。

敬語は相手や状況に応じて使い分ける必要がありますが、非常に複雑な体系を持っており、習得するのはなかなか大変だと思います。そして敬語の形だけではなく、その背景となる文化的な理解が必要になる場合もあります。

改めて考えると、日本語を習得するということは決して容易なことではありません。そんな日本語を学ぶのに必要なのは、継続的な学習と、それを支える学習者のモチベーションの維持です。いずれの生成AIも、このモチベーションの維持を日本語習得のキーワードに挙げていました。

日本語はこれからどうなる?

最後に「日本語はこれからどう変化するか」を聞いてみました。変化の要因として挙げられたのは、少子高齢化や国際化などの社会の変化に伴う言葉の変化です。

過去の歴史を振り返って見ても、社会の変化が言葉に影響することは容易に想像できます。これから日本社会が迎える変化としては、生成AIは

・少子高齢化

・国際化

・情報化

などを挙げていました。

これから日本社会はどのように変化していくのか、それに伴って日本語教師の役割はどのようになっていくのか、そして日本語そのものはどのように変化してくのか、生成AIと会話しながら、あれこれと考えてみるのも楽しいものです。

book.alc.co.jp

関連記事


日本語教師プロファイル北琢磨さんー人との関りを大切に、言語の楽しさを知って

日本語教師プロファイル北琢磨さんー人との関りを大切に、言語の楽しさを知って
今回の日本語教師プロファイルでは、東京両国にある「東京明生日本語学院」の学院長であり、日本語教師養成講座1 も担当されている北琢磨さんにインタビューさせていただきました。北さんと言えばX(旧Twitter)やYouTubeでご存じの方もいらっしゃるかと思います。日本語教育、とくに日本語学校をとりまく状況が大きく変わる2024年、日本語学校の当事者としてどのように考え、進めていらっしゃるのか興味深くお話を伺いました。 

日本語教師プロファイル横山りえこさん日本語教育にユニバーサルデザインを

日本語教師プロファイル横山りえこさん日本語教育にユニバーサルデザインを
今回「日本語教師プロファイル」でご紹介するのは愛知県在住の横山りえこさんです。横山さんは現在、早稲田大学大学院日本語教育研究科の博士後期課程に籍を置きつつ、大学の非常勤講師、愛知・岐阜両県の地域日本語教育コーディネーター、支援教育専門士としてもご活躍中です。現在取り組んでいる研究に至るまでの歩みとその活動についてお話を伺いました。

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む
「日本語教育機関認定法 よくある質問集」は、文化庁によって日本語教育の所管が行われていた時から改定が重ねられてきたものです。今回の改定版によりQA233にも及ぶ、大変充実した「質問集」になりました。この「質問集」の中から、新しく更新された情報を中心にピックアップしてみます。

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して
今回の「日本語教師プロファイル」では京都府にお住いの京谷麻矢さんをご紹介します。京谷さんは現在、大学で留学生に日本語を教える傍ら、中途失聴や難聴の方のための要約筆記者の仕事、そして会話パートナーとして失語症者のサポートをされています。日本語教育での歩みとともに、要約筆記をするに至った経緯や、現在の活動、更には今後の展望までお話を伺いました。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について
 先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。