4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」 4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」

検索関連結果

全ての検索結果 (0)
日本語教育の専門書店、凡人社へ行こう!

凡人社麹町店と大阪店は日本語教育に関する書籍を取り扱う専門書店です。日本語教師の皆さんなら名前を聞いたり、書店を訪問したりしたこともあるのではないでしょうか。今回は、コロナ禍で感染症対策のためしばらく閉店していた凡人社麹町店が営業再開したと聞き、伺ってきました。まだ行ったことがない方に向けて書店の様子をご案内します。

有楽町線麹町駅から徒歩3分。ビルの8階にある書店

東京メトロ有楽町線の麹町駅を出てすぐ、徒歩3分のところに凡人社麹町店はあります。オフィス街の中のビルなのでよく注意しないと通り過ぎそうになるのですが、「HIRAKAWACHO FRONT BLD.」というビル名が大きく出ているビルを目指しましょう。ちょっとトンネルのようになった、おしゃれなロビーを抜けてエレベーターで8階に上がると凡人社麹町店です。

2022年4月現在、毎週、月・水・金の12時開店、18時閉店。入口で検温して消毒した後、入店です。早速、書店員の佐々木さんに話を聞いてみました。

編集部:書店再開しましたね。おめでとうございます。

佐々木:ありがとうございます。3月28日に再開したのですが、開店時間と同時に来てくださったお客様もいらっしゃいました。今のところ週3日開けているのですが、予約不要ですのでいつでもいらしてください。混み合っていないのは14時から17時ぐらいですので、その時間にいらしていただくのもおすすめです。

編集部:今日は初めて書店を訪問する方に向けて書店についてご案内いただきたいのですが。初めて来る人はちょっと緊張してしまうかもしれないので……。

佐々木:はい。凡人社麴町店は日本語教育の書籍を扱う専門書店です。店内には「JLPT・読解・教師用参考書・専門書」などのようにジャンルごとに書籍が並べてあります。店内にはテーブルが置いてあり、ゆっくり座って書籍を見ていただくことができます。テーブルに書籍を積み上げて2時間ぐらいじっくり書籍を比較したり、研究したりする方もいらっしゃいますよ。あとは、チラシや各出版社の教材カタログなどを持ち帰っていただけますので、日本語教育全体の情報収集の場所としてもお使いください。

f:id:takuwakun:20220404102616j:plain

編集部:書店員さんに書籍について相談することもできるのですか?

佐々木:はい、もちろんです。お気軽に声をお掛けください。どんな状況でどのような書籍をお探しかお聞きした上でサポートさせていただきます。新人の先生が先輩に連れられて来る、というシーンもよくお見掛けします。みなさん、先輩にアドバイスをもらいながら書籍を見てくれているようで、そんなご来店のしかたも初めての方はいいかもしれませんね。

書店員さんおすすめの3冊

編集部:ではせっかくですので、書店員さんから見た、おすすめ書籍を紹介いただけますか。

佐々木:そうですね。最近の本ですと『日本語世界の課題を学ぶ 日本語でPEACE』(凡人社)がおすすめです。PEACEとはP : Poverty(貧困からの脱却) E : Education(すべての人に教育を) A : Assistance in need(自立のための支援) C : Cooperation & Communication(協働と対話) E : Ecology & Environment(生命と地球環境の保全)のことなんですが、これからこのようなグローバルな視点を持った教材は、アカデミックな現場で必要なのではないでしょうか。

新刊だと『日本語教育 よくわかる評価法』(アルク)は日本語教師なら一度読んでおいた方がよいのではないでしょうか。そもそも評価って何?ということがわかりますし、現役の先生であってもこれからの評価について見つめるきっかけになると思います。

あと、ビジネス向けで注目しているのが『日本で働くための本 ~ 就活生から社会人まで』(アスク)です。実際に社会に出たときに役立つ内容になっていると思います。特に「異文化理解」を扱った第4章では日本の文化的背景を含めて異文化コミュニケーションについて学べるのが特徴だと思います。

編集部:ありがとうございます。ぜひ店頭で手に取って確認してもらいたい3冊ですね。

佐々木:はい。店の入り口近くに新刊コーナーがありますので、そちらもご来店されたらチェックしていただきたいですね。ほかに、本店の特徴として年少者向けの教材が充実していることがあげられます。特に年少者向けのプリントやポスター、また授業で使える小物類なども揃っていますので、年少者向け教材をお探しの方もぜひご来店ください。

f:id:takuwakun:20220404102950j:plain

日本語教育の書籍をじっくり探そう

凡人社麹町店は、落ち着いて日本語教育の書籍を探し、日本語教育について情報収集もできる書店でした。取材中も、書店員さんに相談しながら書籍を数冊選んでいる方の姿をお見掛けしました。Amazonなどで手軽に書籍が買える昨今ですが、やはり実際に手にとって中身をじっくり見たり、内容を比べたり、店員さんに相談したりしながら選べるのは理想的ですね。店頭で、現金で書籍をお買い上げの場合、10%オフになるそうですし、ぜひ時間を見つけて訪問してみてはいかがでしょうか。

関連記事


教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。

教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

2016年に発売し好評を博した『日本語教師の7つ道具+(プラス) 教案の作り方編』が、シリーズの引っ越しを経て『今すぐ役立つ! 日本語授業 教案の作り方』(日本語教師ハンドブックシリーズ)としてリニューアルしました。担当編集者が感じたことや本書の特長についてお伝えしたいと思います。(編集部)...


【連載】教科書について考えてみませんか-第4回 「わかる」から「できる」へ

【連載】教科書について考えてみませんか-第4回 「わかる」から「できる」へ
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。

ゼロビギナーとの対話を考えることは、ことばの活動の原点 -日本語教育を考えるためのスタートライン3

ゼロビギナーとの対話を考えることは、ことばの活動の原点  -日本語教育を考えるためのスタートライン3

細川英雄さんへのインタビューを通し、「ことばを教える」ことの本質へ迫る全3回の連載の最終回(第1回 第2回)。今回は、「でもゼロビギナーと対話するのは難しいから語彙、文法を教える必要があるよね」というよく起きる問いかけについて考えます。(深江新太郎)...


【連載】教科書について考えてみませんか-第3回 タスク先行型授業にチャレンジ!

【連載】教科書について考えてみませんか-第3回 タスク先行型授業にチャレンジ!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。