検索関連結果

全ての検索結果 (0)
日本で英語教師をしていた僕が、オーストラリアで日本語教師になって思ったこと

昨年6月に渡豪、7月からは8〜12年生(中学2年生〜高校3年生)までの授業を担当していた黒沢 毅先生。日本では公立高校の英語教員をされていました。オーストラリアの中高生に英語で日本語を、しかもひとりで教えることの難しさを痛感されながらも、日々教えることの喜びと充実感を味わっておられます。さて今回は、勤務されるシャロームカレッジの1月下旬から始まった新年度の様子、そしてこれまでを総括してくださいました。

入学式はなし。新年度のスタート

本校では、1月20日より教職員の出勤が始まり、生徒指導やチャイルドセーフティ、ICT活用などの全体研修をはじめ、各教科会はもちろん、ハウスミーティングなど1週間かけてさまざまな準備が行われました。

1月26日のオーストラリアデイを経て、翌日の27日には新入生の7年生(中学1年生)と12年生(高校3年生)のみが登校し、それぞれの学年に分かれて終日オリエンテーションなどが開かれましたが、日本のように入学式はありませんでした。そして翌日28日からは残りの8年生から11年生も登校し、通常通りの授業、そして10週間の1学期がスタートしました。

年度が変わり、担当するクラスも昨年度とは若干変わりました。今年は7年生28人を2クラス担当することになりました。僕は日本で19年間、“高校の”英語教師でしたので、入学したばかりの中学1年生に指導するのが正直、不安でした。しかし、小学校で日本語を学習してきた生徒たちが各クラスに10人ほどいることもあり、また、とても可愛らしく人懐こい生徒たちということもあって、これまでのところお互いに楽しく授業を進めることができています。

また、10年生から12年生のクラスは、昨年まで指導していた生徒たちばかりでしたのでスムーズにスタートを切ることができました。ただやはり、ここは日本ではありませんので「約2ヶ月間の夏休み中、日本語の勉強は何かした?」と訊いてみると、95%の生徒たちは「何もやってない。」と即答してくれました。
オーストラリアでは日本と違い、長期休みであっても膨大な量の宿題は出ないですし、個人に任されているから仕方ないなあと思いました。「やはり授業で勝負!」ということで、今後の授業で彼らの学びをサポートしていけたらと思っています。

黒沢先生8回目画像2

多くのサポートに助けられての渡豪

昨年の今頃は、前任の埼玉県の公立高校の職場でも人事異動の話題で盛り上がっている頃でした。そんな中、僕は19年英語教師として勤務してきましたが、退職してオーストラリアの姉妹校である現任校に勤める決断をしました。

当時、すでに問題となっていた教員の働き方改革、4技能英語教育をはじめとしたさまざまな公立高校としてのあり方に毎日モヤモヤを抱えて仕事をしていました。そんな自分に巡ってきた「オーストラリアの中高一貫校での日本語教師としての勤務」の話は、そのモヤモヤを解消し、新しいことにチャレンジしながら自分らしい生き方を模索できるまたとないチャンスだと考えました。

もちろんこれまで勤務してきた公立高校を退職することへの不安、帰国後の就職への不安、その他にも数多くの不安要素はありましたが、前任校でお世話になった先生方をはじめ、多くの皆さんに背中を押していただけたことも今回の決断の大きな要因でした。

教育現場で発見する違いから学べる多くのこと

これまでにもお伝えしてきましたが、オーストラリアでフルタイムの教員として日本語教師未経験の僕が、単独で5クラスを指導することは想像していたよりも遥かに難しいです。しかし、そんな中でも、日本語や日本文化に興味を持つ生徒たちや、本校の日本語教育に日本語ネイティブとして貢献できることは大きな喜びです。

オーストラリアに来て、教員の働き方や地域における学校の役割、校内における各教員とその他専門職との明確な分業、生徒たちの授業参加のあり方、そして管理職の男女比率、ICT活用など、さまざまな側面で日本のそれと異なることに気づきます。もちろん、必ずしもこちらが全て正しく、日本が正しくないという訳ではありません。逆に放課後の生徒たちによる清掃のように、日本の学校文化として実施されていることをこちらでも採用してくれたらいいのに、と思うこともあります。しかし、これまでご紹介してきたようなオーストラリアの学校システムが日本でも取り入れられたら、学校や教育に関わるさまざまな問題や課題がどの様に変わっていくか想像してみることは、ちょっとしたワクワクを感じられる時間でもあります。

最後に

このような貴重な機会をいただけたことに感謝しつつ、帰国後、恐らくはまた日本で復職するであろう英語教師としての職を得たときのために、オーストラリアにいるからこそできる経験をたくさん積み、今後に役立てることができたらと願っています。また、今回、公立高校の教員を退職して選んだオーストラリアでの日本語教師としての経験があったからこそ、これから関わるであろう未来の日本の高校生たちの指導に何かしらの違いを生み出しつつ、彼らの人生に寄り添っていけるような教師になれたらと思っています。ありがとうございます。

黒沢 毅(くろさわ・たけし)

黒沢 毅(くろさわ・たけし)

神田外語大学外国語学部英米語学科卒業後、米国ミズーリ州カンザスシティ・グランドビュー高校にて日本語教師として勤務。帰国後複数の高校に勤務。埼玉県の公立高校で英語教師をしているときに姉妹校でもあるオーストラリアのシャロームカレッジに20名の生徒を6回引率。その縁から、日本の高校教師を辞め、2019年から日本語教師としてシャロームカレッジで勤務している。

関連記事


「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む
「日本語教育機関認定法 よくある質問集」は、文化庁によって日本語教育の所管が行われていた時から改定が重ねられてきたものです。今回の改定版によりQA233にも及ぶ、大変充実した「質問集」になりました。この「質問集」の中から、新しく更新された情報を中心にピックアップしてみます。

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して
今回の「日本語教師プロファイル」では京都府にお住いの京谷麻矢さんをご紹介します。京谷さんは現在、大学で留学生に日本語を教える傍ら、中途失聴や難聴の方のための要約筆記者の仕事、そして会話パートナーとして失語症者のサポートをされています。日本語教育での歩みとともに、要約筆記をするに至った経緯や、現在の活動、更には今後の展望までお話を伺いました。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について
 先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。