検索関連結果

全ての検索結果 (0)
「授業の準備も楽しい」日本語教師をセカンドキャリアに

最近、セカンドキャリアとして日本語教師を考える人が増えています。実際のところはどうなのか、日本語教師の年齢に関するデータと日本語教師へのインタビューから探ります。(地球人K)

なぜ日本語教師を目指すのか

最近、日本語教師に関心を持ち始めた埼玉県在住のSさん。54歳。

「新宿にある教育関連会社に勤めて30年。そろそろ会社でのゴールも見えてきて、定年までまだ時間はあるものの、漠然と退職後のことを考える機会が増えました。今は妻と子供2人の4人暮らし。子供も以前ほど手が掛からなくなってきました。自分は今の会社を退職したら毎日、何をしたらいいんだろうかと思います。多少の蓄えはあるので、収入はそこそこあればいい。お金よりもむしろ、何かやりがいを感じながら毎日を生きられたらいいかな。まだまだ体も元気だし、何か社会のために役立つようなこと、これからでも始められるようなことがあれば、チャレンジしてみたいと思っています」

Sさんは長年、英会話学校に通って外国人の先生にお世話になったこともあり、また最近は海外から日本に来る外国人が増えているというニュースもよく聞くので、日本にいる外国人の役に立つことができないだろうかと調べている中で、日本語教師に興味を持ち始めたのだという。

50代以上の日本語教師は着実に増えている

日本国内の日本語教育については、文化庁が毎年11月に「国内の日本語教育の概要(以下、概要)」という報告書を出している。この報告書をもとに、現役の日本語教師の年齢分布を見てみよう。

2017年11月現在の日本語教師数は約4万人。概要によると、このうち50歳以上が約半数を占めていることがわかる。日本語教育は年齢の高い人たちも活躍している世界なのだ。

年代別の日本語教師数

f:id:alc_gotcha:20190703175442p:plain

出典:「平成29年度 国内の日本語教育の概要」(文化庁)

次に日本語教育の能力を証明するために、日本語教師を目指す多くの人が受験する日本語教育能力検定試験の年代別受験者数を見てみよう。ちなみにこの試験はJEES(公益財団法人 日本国際教育支援協会)が主催している。

ここでも50代以上が4割を超え、年々、元気な中高年の受験者比率が増えていることがわかる。

日本語教育能力検定試験 受験者年代別比推移

f:id:alc_gotcha:20190703175508p:plain

出典:日本国際教育支援協会

ミドルエイジのよさを生かした教師を目指す

中高年の日本語教師からはこんな声が聞こえてくる。

「自分が教えた日本語を使って学習者が話をしてくれると、何とも言えない達成感があります」

「日本語だけでなく、日本人の考え方や日本社会の仕組みなどについても聞かれますが、そういうところは年の功(笑)で説明できる部分があるかもしれませんね」

「これまで企業で長年働いてきたので、ビジネス日本語については自信を持って教えられます」

「とにかく時間はたくさんあるので(笑)、授業準備は丁寧にやっています。準備している時間も楽しいですね」

「体力は落ちているのであまり無理はできませんが、その分、1回1回の授業を大切にしています」

「若い先生のほうが学生からは人気があったりもしますが、特に気にはしていません。教える中身が大切です」

「海外から来る学生はいろいろなことを相談してきますが、親身になって相談に乗っているうちに、学生が他人とは思えなくなってきました」

中高年であることのメリット・デメリットはいろいろとあるようだが、長所を生かした元気なミドルの日本語教師が、今日も日本中で活躍している。

関連記事


「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む
「日本語教育機関認定法 よくある質問集」は、文化庁によって日本語教育の所管が行われていた時から改定が重ねられてきたものです。今回の改定版によりQA233にも及ぶ、大変充実した「質問集」になりました。この「質問集」の中から、新しく更新された情報を中心にピックアップしてみます。

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して
今回の「日本語教師プロファイル」では京都府にお住いの京谷麻矢さんをご紹介します。京谷さんは現在、大学で留学生に日本語を教える傍ら、中途失聴や難聴の方のための要約筆記者の仕事、そして会話パートナーとして失語症者のサポートをされています。日本語教育での歩みとともに、要約筆記をするに至った経緯や、現在の活動、更には今後の展望までお話を伺いました。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について
 先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。