4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」 4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」

検索関連結果

全ての検索結果 (0)
登録日本語教員に登録申請する方法

2024年は登録日本語教員の制度がいよいよ本格的に動き出す年です。登録日本語教員を目指す方は、今後のスケジュールを踏まえて、必要なアクションの抜け漏れがないように計画的に動いていく必要があります。ここでは、登録日本語教員に登録申請するための方法を、2023年末に公表された『登録日本語教員の登録申請の手引(文化庁国語課)』、以下「手引」をもとに、わかりやすくまとめておきます。

現職者~自分がどの経過措置のルートになるのかを確認

まずは、現在日本語を教えている方、あるいは過去に教えた経験がある方は、経過措置の対象になる可能性があるので、自分がどの経過措置ルートになるのかを確認しましょう。「手引」の中にある「経過措置ルート判定ガイド」が便利です。

「経過措置ルート判定ガイド」では7つの問いに答えていけば、自分がどの経過措置ルートになるのか、あるいは経過措置ルートの対象外なのかがわかります。

最初の質問が「平成31年4月1日~令和11年3月31日の間に、以下の機関(法務省告示校/大学/認定日本語教育機関)のいずれかにおいて1年以上日本語教育課程を担当していましたか?」ですが、ここで言う「1年以上日本語教育課程を担当」とは、雇用が継続し平均して週1回以上授業を担当しており、複数の日本語教育機関での経験を合計して1年以上となる場合も該当します。週1回でも、1つの学校に長期間在籍していなくても、対象になる可能性があります。

志望者~養成機関ルートか試験ルートか

これから日本語教師を目指す方は、養成機関ルートか試験ルートを選びます。

養成機関ルートを選ぶ場合は、登録日本語教師養成機関の登録を受けた機関で課程を修了し、日本語教員試験の応用試験に合格して、登録実践研修機関で実践研修を修了することで、登録日本語教員として登録ができます。

試験ルートを選ぶ場合は、日本語教員試験の基礎試験と応用試験に合格して、登録実践研修機関で実践研修を修了することで、登録日本語教員として登録ができます。

養成講座等受講者~自分の通っている養成課程が経過措置の対象になるか

日本語教師になるために、現在、養成講座等で勉強をしている方は、自分の通っている養成課程が経過措置の対象になるか確認する必要があります。この一覧はまだ公開されていませんが、2024年3月までに公開されることになっています。

経過措置の対象になる場合は、基礎試験が免除(もしくは講習を受けることで基礎試験が免除)されます。

日本語教育能力検定試験合格者~経過措置を最大限に活用しよう

これまで日本語教育能力検定試験合格している方には大きなアドバンテージがあります。日本語教育能力検定試験に合格している現職者の方なら、講習を受けることで日本語教員試験(基礎試験・応用試験)も実践研修も免除になり、登録日本語教員として登録ができます。

まだ教えた経験がないという人も、前述したように、「平成31年4月1日~令和11年3月31日の間」に教えていれば対象になるので、できるだけ早く日本語を教え始めることをお勧めします。今から始めれば1年後には、登録日本語教員として登録できるようになります。

日本語教員の登録までのスケジュール

今後のスケジュールは、以下のようになっています。

2024年3月まで:経過措置の対象になる養成課程の一覧を公開
2024年4月:日本語教育機関認定法ポータルの開設(このポータルから登録日本語教員の登録申請を行います)
夏頃:現職者向け講習の開始、日本語教員試験の受験申込受付
秋頃:日本語教員試験の実施
冬頃:日本語教員試験の合格発表、登録日本語教員の登録申請の受付開始

登録するまでにかかる費用

最後に、登録日本語教員として登録するまでにかかる費用についてまとめておきます。

①登録日本語教員試験受験料

・通常:18,900円

・基礎試験免除(つまり応用試験受験料):17,300円

・基礎試験及び応用試験免除:5,900円

※経過措置により基礎試験と応用試験の両方の免除を受ける場合であっても、登録日本語教員になるためには、手数料を支払って日本語教員試験に出願し、経過措置の対象であることの確認を受け、日本語教員試験の合格証書を入手する必要があります。

②現職者向け講習受講料

・講習Ⅰ:8,800円

・講習Ⅱ:17,600円

③日本語教育機関認定法ポータル登録手数料:4,400円

日本語教員として登録するためには③は全員必要になります。それに加えて必要な費用は、自分がどのルートになるのかによって変わってきます。登録までにかかる費用は決して少なくありません。試験準備もお金の準備も計画的に進めましょう。

執筆:新城宏治

株式会社エンガワ代表取締役。日本語教育に関する情報発信、日本語教材やコンテンツの開発・編集制作などを通して、日本語を含めた日本の魅力を世界に伝えたいと思っている。

関連商品

関連記事


教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。

日本語教師プロファイル倉持素子さんー学生と同じ経験をしてみたいという思いからアルゼンチンへ

日本語教師プロファイル倉持素子さんー学生と同じ経験をしてみたいという思いからアルゼンチンへ
今回お話を伺ったのは、202311月より独立行政法人国際協力機構(JICA)の日系社会シニア海外協力隊としてアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに赴任されている倉持素子さんです。倉持さんは長い間ビジネスパーソンへの日本語教育に従事された後、リンゲージ日本語学校の校長を務めていらっしゃいました。何故アルゼンチンに行くことになったのか、アルゼンチンでの活動に、これまでのキャリアも併せて、時差がちょうど12時間のブエノスアイレスからZOOMを通して、お話しいただきました。

11月の日本語教員試験対策に!『NAFL 日本語教員試験対策セット』

11月の日本語教員試験対策に!『NAFL 日本語教員試験対策セット』
日本語教師の国家資格「登録日本語教員」の取得に必要となる「日本語教員試験」は、2024年11月17日(日)に第1回目が行われます。 アルクでは累計8万人が受講したアルクの「NAFL日本語教師養成プログラム」のテキスト試験対策書籍を組み合わせた『NAFL 日本語教員試験対策セット』を販売中です。

日本語教師プロファイル宮田聖子さん―ずっと日本語を教え続けるために自らの教室を

日本語教師プロファイル宮田聖子さん―ずっと日本語を教え続けるために自らの教室を

今回の「日本語教師プロファイル」では、大学の非常勤講師を続けながら、ご自分の日本語スクール「MARBLE」を立ち上げた宮田聖子さんをご紹介します。宮田さんは東京都江東区の江東国際交流協会(IAK)の理事も務め、子どもへの日本語教育や「やさしい日本語」の研修も行っているとのこと。スクールを立ち上げた理由や、これからのキャリアへの思いなどについてお話を伺いました。...


日本語教師プロファイル嶋田和子さん―主体性と創造性が活かせるこんな楽しい仕事はありません!

日本語教師プロファイル嶋田和子さん―主体性と創造性が活かせるこんな楽しい仕事はありません!

2024年最初の「日本語教師プロファイル」インタビューでは、東京都中野区にあるアクラス日本語教育研究所にお邪魔して、代表理事の嶋田和子先生にお話を伺ってきました。日本語教育界にとって一つの変革の年である今年、嶋田先生はどのようなお考えをお持ちか、是非お聞きしたいと思いました。インタビューは嶋田先生の思いとパッションの溢れるものとなりました。...