検索関連結果

全ての検索結果 (0)
イスラム教徒が「自分らしく」生活するために―地域日本語教室の目標を考える

イスラム教徒が日本で「自分らしく」生活しようとするとき、文化や宗教などの違いからさまざまな困難が生じます。イスラム教徒が日本の生活においても「自分らしく」ふるまえることを支えるため、という視点から日本語を教えることを考えたとき、教室活動の目標はどんなものになるでしょうか。福岡市で、文化庁委託事業「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託し設置された教室の事例からお伝えします。NPO多文化共生プロジェクト代表の深江先生によるコラムです。

日常生活における小さな望みを実現するために

福岡市内で生活するイスラム教徒の人数は、福岡モスクの関係者によると、現在、約2000人です。国籍は、インドネシア、マレーシア、バングラデシュ、パキスタン、シリア、エジプト、など多様です。イスラム教徒は、聖典『コーラン』に基づいた宗教上の行動規範があり、日常生活でそれを実践します。

代表的な行動規範としては、1日5回の礼拝、出してはいけない体の部位がある、口にできない原材料がある、などです。しかしこれらの行動規範を、日本の地域社会で実践しようとしたとき、さまざまな障壁を生みます。次のエピソードをご覧ください。

チョコレートが買えない
Iさん(インドネシア人、女性)は、スーパーでチョコレートを買おうとした。原材料に乳化剤の記載があったが、乳化剤の原材料が植物性か動物性かは分からなかった。Iさんはチョコレートが食べたかったが、乳化剤の原材料が動物性であったら食べることができないため、買うことあきらめた。

エピソードから分かることは、Iさんにはチョコレートが食べたいという日常生活上の小さな望みがあり、そこに、乳化剤の原材料が分からないという壁が生まれたということです。もしこのとき、Iさんがそのチョコレートのメーカーに乳化剤の原材料について問い合わせをすることができれば、Iさんはそのチョコレートを買えたかもしれません。そしてここに、Iさんにとっての日本語学習の必然性が生まれます。

Iさんが自分の小さな望みを実現するためには、メーカーに問い合わせて、乳化剤の原材料を問い合わせなければなりませんが、このようにイスラム教徒が日常で小さな望みを実現するためにどのような行為が必要かを整理したものが表1です(行動規範は個人差があるため、全てのイスラム教徒に該当するものではありません)。

表1 日常の小さな望みを実現するための行為例

深江先生3月26日分表1

地域の日本語教育の目標とは?

深江先生3月26日画像2

表1の「日常の小さな望みを実現するための行為」を見ると、「原材料を尋ねる」「塩を頼む」「飲めないことを伝える」など、その行為は、ことばを用いてなされることが分かります。つまり、イスラム教徒が日常生活で自分の小さな望みを実現するためには、日本語で他者に表1のことがらを伝えていかなければなりません。例えば、表1の食事①なら「この料理の材料に豚肉が入っていますか」、食事②なら「天つゆのしょうゆにアルコールが入っていますか。塩をお願いします」という表現をイスラム教徒は学ぶ必要があります。

そして、ここであらためてイスラム教徒にとっての日本語学習の目的を考えてみると次のようになります。日本で生活するイスラム教徒は、自分の国では当たり前にできていたことが当たり前にできない環境に置かれます。自分の国で当たり前にできていたこととは、レストランで自分の好きなものが食べられることや、病院で安心して診察を受けることです。大切なことは、レストランで「好きなものが」食べられることで、病院で安心して」診察を受けられることです。つまりレストランで何でもいいから食べるのではなく、病院で我慢して診察を受けるのでもなく、自分に適したものを選べなければなりません。そしてこれらの望みを実現するために必要な日本語を学ぶことが学習の目標となるのです。

イスラム教徒が日本で生活する中で、自分らしくいられるように自分の思いや考えを伝え、行動していく。私たちは、このような目標を基にこれまで教室活動を行ってきました。そしてこの目標は、日本で生活し始めた外国人が、自分らしくいられるように自分の思いや考えを伝え、行動していく、と言い換えることができます。ここには、地域の日本語教育の新たな目標があるのではないでしょうか。

執筆/深江 新太郎(ふかえ・しんたろう)

「在住外国人が自分らしく生活できるような小さな支援を行う」をミッションとしたNPO多文化共生プロジェクト代表。大学で歴史学と経済学、大学院で感性学を学ぶ。珈琲屋で働きながら独学で日本語教育能力検定試験に合格し日本語教師に。学校法人愛和学園 愛和外語学院 教務長。

関連記事


日本語教師プロファイル横山りえこさん日本語教育にユニバーサルデザインを

日本語教師プロファイル横山りえこさん日本語教育にユニバーサルデザインを
今回「日本語教師プロファイル」でご紹介するのは愛知県在住の横山りえこさんです。横山さんは現在、早稲田大学大学院日本語教育研究科の博士後期課程に籍を置きつつ、大学の非常勤講師、愛知・岐阜両県の地域日本語教育コーディネーター、支援教育専門士としてもご活躍中です。現在取り組んでいる研究に至るまでの歩みとその活動についてお話を伺いました。

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む

「日本語教育機関認定法 よくある質問集(令和6年4月18日公開版)」を読む
「日本語教育機関認定法 よくある質問集」は、文化庁によって日本語教育の所管が行われていた時から改定が重ねられてきたものです。今回の改定版によりQA233にも及ぶ、大変充実した「質問集」になりました。この「質問集」の中から、新しく更新された情報を中心にピックアップしてみます。

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して

日本語教師プロファイル京谷麻矢さん―言語マイノリティのサポートを目指して
今回の「日本語教師プロファイル」では京都府にお住いの京谷麻矢さんをご紹介します。京谷さんは現在、大学で留学生に日本語を教える傍ら、中途失聴や難聴の方のための要約筆記者の仕事、そして会話パートナーとして失語症者のサポートをされています。日本語教育での歩みとともに、要約筆記をするに至った経緯や、現在の活動、更には今後の展望までお話を伺いました。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について
 先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。