4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」 4/30まで10%OFF「 NAFL 日本語教員試験対策セット」

検索関連結果

全ての検索結果 (0)
【連載】教科書について考えてみませんか-第4回 「わかる」から「できる」へ

2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。そこで、今回もう一度皆さまに当時の記事をご紹介して、ご一緒に考えていきたいと思います。教育現場では、今まさに<教科書を見る目、使う力>が求められています。教科書を軸に「対話」の輪を広げていきませんか。(嶋田和子/アクラス日本語研究所)

「キャンドゥ (Can-do)」って何?

日本語教育の世界で「能力記述文」(Can-do-statements)という言葉がかなり前から使われるようになりました。時には略して「Can-do」と言ったりしています。

2010年度から新しくなった日本語能力試験では、「日本語能力試験Can-do自己評価リスト」を設け、記述例の一部として、次のようなことを挙げています。

「聞く=学校や職場、公共の場所でのアナウンスを聞いて、大まかな内容が理解できる」、「話す=アルバイトや仕事の面接などで、希望や経験を詳しく述べることができる」、「読む=関心のある話題に関する新聞や雑誌の記事を読んで、内容が理解できる」、「書く=感謝や謝罪、感情を伝える手紙やメールが書ける」

こうした「Can-do-Statements」で言語教育を考える動きは、世界的に広がってきています。例えば、アメリカのACTFL(全米外国語教育協会)や欧州評議会が提示したCEFR(ヨーロッパ共通参照枠)などを見ても、「Can-do-Statements」がベースになっています。

しかし、日本語教育では長い間、「~ことができる」という表し方で学習目標を表したり、評価に活用したりすることは、あまり活発に行われてきませんでした。日本語能力試験も以前は、1級の認定基準に、次のように記されていました。「高度の文法・漢字(2,000字程度)・語彙(10,000語程度)を習得し、社会生活をする上で必要な、総合的な日本語能力(日本語を900時間程度学習したレベル)」。

どれだけ言語知識があるか、学習した時間はどの程度か、といった視点が色濃く出ており、「日本語を使って、何が、どのようにできることが求められているのか」といった視点は、見えませんでした。ところが、現在の日本語能力試験は、「課題遂行のための言語的コミュニケーション能力」を測定対象能力とする試験に生まれ変わり、「Can-do-Statements」が前面に出てきたのです。また、国際交流基金では「JF日本語教育スタンダード」を作成公開し、その一環として、「みんなの『Can-do』サイト」というデータベースを公開しています。

こうした日本語教育の変化は、「試験では高得点が取れるのに、運用能力が身に付いていない人が多い」、「どうしたら、『使える日本語』が習得できるのだろう」といった現場の声に、後押しされてきたといえます。それはまさに「『わかる』から『できる』への移行」でした。

「できる」を重視した教科書

ある日本語教室で、こんな会話が交わされていて、愕然としたことがあります。

講師:おととい、何を勉強しましたか。

学習者:〇課です。比較です。

講師:じゃあ、ちょっと復習しましょうか。電車とバスとどちらが速いですか。飛行機と電車と……。

それは、「文型積み上げ式教科書」を「忠実に」使い、あくまで文型練習に主眼を置いた日本語支援でした。私は、「学習者が、今日学んだ日本語を使って、何かできるようになったのか実感できる授業」がなぜできないのだろうと、改めて考えさせられました。

では、比較表現はどんな時に、何のために使うのでしょうか。ここで、「できること」を重視した『できる日本語』を見てみましょう。この教科書では、6課で比較表現を勉強します。場面は「学校でクラスメイトを誘う」、学習目標は「誘って、友達の意向を聞いたり、情報を比べたりしながら相談することができる」です。具体的には、二人で雑誌を見ながら、こんな会話が進んでいきます。

A:Bさん、いっしょに映画を見にいきませんか。

B:いいですね。どこで見ますか。

A: あっ、「にこにこ映画館」と「ふじ映画館」があります。

B:そうですか。「にこにこ映画館」と「ふじ映画館」とどちらが近いですか。

A:「にこにこ映画館」のほうが近いです。

B:そうですか。じゃ、「にこにこ映画館」へ行きましょう。

同じ「口の練習」でも、「飛行機と電車とどちらが速いか」などと、わかりきったことを聞く練習とは、考え方が全く違います。これが「できること」、Can-doを重視した教科書の魅力の一つなのです。

嶋田和子

アクラス日本語教育研究所代表理事。著書に『できる日本語』シリーズ(アルク、凡人社)、『OPI による会話能力の評価(共著)』(2020 年、凡人社)、『人とつながる 介護の日本語』(2022、アルク)など多数。趣味:人つなぎ、俳句  目指していること:生涯現役

www.dekirunihongo.jp

関連記事


この春始めたい!日本語教師がちょっと知っていると役に立つ、英中韓以外の外国語は?

この春始めたい!日本語教師がちょっと知っていると役に立つ、英中韓以外の外国語は?
日本語教育機関で各国から新入生を迎える季節です。あいさつやよく使う言葉など、学習者の母語を少しだけ覚えてみませんか。学習者の母語として多い、インドネシア語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語についてのご紹介記事です。

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第3回 「次の学びにつながる評価」に取り組む

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第3回 「次の学びにつながる評価」に取り組む
早いもので最終回となりました。今回は、「日本語教育の参照枠」(以下「参照枠」)に挙げられている自己評価、相互評価、そしてポートフォリオに関して取り上げます。まずは、自己評価について考えてみたいと思います。

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第2回 パフォーマンス評価に向き合う

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第2回 パフォーマンス評価に向き合う
前回は、評価について概要的なことをお伝えし、次に、「日本語教育の参照枠」(以下「参照枠」)に基づき「Ⅲ 日本語能力評価について:(4)多様な評価の在り方と事例」より「試験」についてお話ししました。今回は、いよいよ「パフォーマンス評価」に入ります。まずは、「参照枠」の説明を見てみましょう。

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第1回 試験のあり方を見直す

『できる日本語』を使った「評価」について考えてみませんか 第1回 試験のあり方を見直す

2011年に『できる日本語』第1弾が誕生してから12年経ちました。その間、多くの方が手に取り、実践してくださっていますが、いまだに評価についての質問が多く寄せられます。それは、『できる日本語』が目指していることを理解すること、また「評価とは何か」について理解を深めることで、「なんだ、そういうことだったのか!」と、すとんとご理解いただけると思います。そこで、「『できる日本語』を使った実践における評価」について、「日本語教育の参照枠」(文化審議会国語分科会)を引用しながら、3回シリーズでお伝えすることにしました。


教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

2016年に発売し好評を博した『日本語教師の7つ道具+(プラス) 教案の作り方編』が、シリーズの引っ越しを経て『今すぐ役立つ! 日本語授業 教案の作り方』(日本語教師ハンドブックシリーズ)としてリニューアルしました。担当編集者が感じたことや本書の特長についてお伝えしたいと思います。(編集部)...