検索関連結果

全ての検索結果 (0)
書いて覚える、だけじゃないー覚えるための工夫が詰まった、アルクの「日本語文字学習シリーズ」

日本語学習者が日本語を学ぶとき、大きな壁となるのが、日本語の文字。その大変さを綴った「『悲しくて涙が出る』ほど、日本語の文字習得は苦労する」という記事は日本語ジャーナルの中でも常にランキング入りしています。私たちは日本語の文字を小学生の頃から何年もかけて習得するわけですが、同じようには時間をかけられない学習者のために、「文字を効率的に覚える工夫」が詰まったテキストを紹介します。

「ひらがな・カタカナ」を覚えやすい順番で覚える

「ひらがなを、50音順に覚えなくていいんじゃないか」という著者のことばからスタートして作られたのが『すぐ書ける!きれいに書ける!ひらがな・カタカナ練習ノート』です。

大抵のテキストでは、ひらがな・カタカナは「あ、い、う、え、お」「か、き、く、け、こ」と50音順に覚えていくようになっています。しかし、これらの並びでは例えば「あ」と「い」の文字の形はバラバラで共通点がありません。

このテキストでは、このような順番で覚えるのではなく、例えば「く、ヘ、し、つ」「よ、ま、は、ほ」「の、め、ぬ、あ」のように共通点のある文字を並べて、まとめて覚えられるようになっています。更に、学習者が間違いやすい箇所への注意や、覚えやすくするためのアドバイスを各文字に翻訳付きで入れています。例えば「ぬ」であれば「『め』の最後に小さな〇を書いて終わります。」というアドバイスを、「そ」であれば、「ここでペンをはなしません。」と1画で書くことを示しています。

カタカナも同様で、「線がはなれているカタカナ」として「ニ、ハ、リ、ル」をまとめて覚えたり、「2本の線が接しているカタカナ」として「ア、マ」「ク、タ」をまとめて覚えたりします。

このように、「覚えやすさ」にこだわったのが『すぐ書ける!きれいに書ける!ひらがな・カタカナ練習ノート』です。

同様のコンセプトで作られた、漢字の入門テキスト

同じ著者の執筆で、『すぐ書ける!きれいに書ける! ひらがな・カタカナ練習ノート』の続編として作られたのが『かんたんルールとパーツで覚える きほんの漢字99』です。初めて漢字を学ぶ学習者にあまり負担をかけないよう、文字の多さにうんざりすることのないよう、入門者向けとして100より一つ少ない、99の漢字を選びました。

このテキストにもたくさんの工夫が詰まっています。漢字の書き方・書き順にはルールがあるので、まずはそれを少しずつ覚えてもらいながら、簡単な漢字から学びます。ルールは例えば「よこ線は左から右に書く」「よこ線とたて線がある文字はよこ線から書く」などです。そして「よこ線とたて線がある漢字」は「十、土、王」、「ななめの線がある漢字」は「木、本、来」のように、同じパーツを持った漢字をまとめて覚えていきます。

また、既に覚えているカタカナを利用し、「『ノ』を使う漢字」として「九、女」、「『タ』を使う漢字」として「名、外」のようにも覚えていきます。あとは例えば、「同じパーツを使う漢字」として、「林、多、竹、品、肉」、「四角い漢字」として「回、四、国」などもまとめて覚えます。

このように、書き方の共通点、パーツの共通点がある漢字ごとに覚えていくことで、学習者の負担を減らすことを狙っています。そして、今、文字を打ち込むのはパソコンやスマホを使うのが主流ですが、まずはこのテキストを通して、学習者にとってごちゃごちゃして見える漢字をパーツの組み合わせとして認識する力を付け、最終的には打ち込む文字を選べるようになることを目指していきます。

以上の2冊は、日本語の文字学習を始める際のテキストとして最適です。翻訳は英語、ベトナム語、インドネシア語が付いていて、地域の日本語教室でお使いいただくのもおすすめです。「覚える工夫」の詰まったテキストを入口として、日本語の文字を覚えるコツをつかみ、学習者その後の文字習得をできるだけ楽に進めることができるようになれば、と思います。

関連商品

関連記事


今までと一味違った“深い”会話活動を!新刊『「読む」からはじめる日本語会話ワークブック』発売

今までと一味違った“深い”会話活動を!新刊『「読む」からはじめる日本語会話ワークブック』発売
524日に発行された新刊『「読む」からはじめる日本語会話ワークブック』(アルク)。今までの会話テキストとはどのような点が異なるのか。本書ならではの特長をご紹介します。

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!

教科書について考えてみませんか-第5回 漢字学習も「できること」重視!
2011年4月から『月刊日本語』(アルク)で「教科書について考えてみませんか」という連載を掲載してから10年。2021年10月に「日本語教育の参照枠」が出て以来、現場では、コミュニケーションを重視した実践への関心が高まり、さまざまな現場で使用教科書の見直しが始まっています。「参照枠」を見ると、言語教育観に関して、「学習者を社会的存在として捉える/「できること」に注目する/多様な日本語使用を尊重する」という3つの柱が掲げられています。これは、2011年4月から『月刊日本語』で連載した中で述べていることに重なります。

この春始めたい!日本語教師がちょっと知っていると役に立つ、英中韓以外の外国語は?

この春始めたい!日本語教師がちょっと知っていると役に立つ、英中韓以外の外国語は?
日本語教育機関で各国から新入生を迎える季節です。あいさつやよく使う言葉など、学習者の母語を少しだけ覚えてみませんか。学習者の母語として多い、インドネシア語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語についてのご紹介記事です。

教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

教案を作る本当の意味とは? 『今すぐ役立つ!日本語授業 教案の作り方』発売!

2016年に発売し好評を博した『日本語教師の7つ道具+(プラス) 教案の作り方編』が、シリーズの引っ越しを経て『今すぐ役立つ! 日本語授業 教案の作り方』(日本語教師ハンドブックシリーズ)としてリニューアルしました。担当編集者が感じたことや本書の特長についてお伝えしたいと思います。(編集部)...