2021 ゴールデンウィークによる商品のお届けについて▶ 2021 ゴールデンウィークによる商品のお届けについて ▶

検索関連結果

全ての検索結果 (0)
【新発売!えいご絵じてん】おすすめ活用法(小学生編)

小学5年生から「教科」として英語が必修化し、小学生にとって英語はますます身近な存在に。「楽しく英語に親しんでもらいたい」「しっかりと英語を学んでほしい」…、そんなさまざまなママ・パパの声に応えられる英語教材が『音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん SUPER』(以下、えいご絵じてん)です!
アルクが厳選した12歳までに身につけたい約2200語を収録し、公立小学校の外国語活動・外国語で学ぶ単語をほぼ網羅(小学校で学ぶ語彙数は600~700語)。遊び感覚で楽しく学んでいるうちに、英語が身に付いていきます。
今回は、前回「おすすめ活用法(3歳~6歳編」に続き、小学生におすすめの「えいご絵じてん」活用法をご紹介します。

キャラクターのセリフをまねして言う

「えいご絵じてん」では各見開きに、リンゴ、チューリップ、ブロッコリーをモチーフにした楽しい3人のキャラクターが、場面や自分たちのことについて話すセリフが掲載されています。これらの会話文には英語の基本的な文型や表現を多く盛り込んでいるので、キャラクターのセリフをまねすることで、英語の型を自然とインプットすることができます。
グレーの文字部分はそのページに出てくる単語に入れ替え可能な箇所です。単語を入れ替えれば、「自分の言いたいこと」を伝えることができます。また、絵の中の登場人物たちのセリフをまねするのもおすすめです。

キャラクターのセリフをまねして言う

英単語クイズに挑戦する

英単語が身についてきたら、ネズミの形のアイコンをタッチしてクイズに挑戦することをおすすめします。誌面のクイズに加えて、親子でクイズを出し合っても楽しいですよ。ジェスチャークイズやスリーヒントクイズなど、絵じてんで学んだ英単語でオリジナルのクイズを作って楽しみましょう。

英単語クイズに挑戦する

ナチュラルスピードの会話文を聞く

見開きごとに絵について話されている会話が収録されています。この会話はネイティブスピーカーによるナチュラルスピードで話されているので、何度も聞いて、英語のリズムや抑揚を体感しましょう。リスニング練習にも活用できますよ。

辞書として使う

巻末には英日・日英の索引がついているので、辞書がわりに活用することもできます。チェックボックスがついているので、覚えた単語にチェックマークをつけて、学習の記録に利用してもいいですね。

辞書として使う

いかがでしたか?「えいご絵じてん」は小学生のお子さんにもさまざまな形でご活用いただけます。もちろん、前回「おすすめ活用法(3歳~6歳編」の記事でご紹介した方法を小学生のお子さんに試してもOK! お子さんの興味にあった方法で「えいご絵じてん」を楽しんでくださいね。

音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん SUPER