児童英語教師

小学校で、2020年度から英語が教科に!
今、注目の資格。児童英語教師を目指そう!アルクの「児童英語教師養成コース」をご紹介します。

3、4年生で英語活動が必修に、5、6年生では教科になります!

小学校で2020年度から全面実施となる新学習指導要領では、外国語(英語)活動が3、4年生から必修に、5、6年生で外国語(英語)が教科になります。指導については、「学級担任の教師または外国語活動(外国語)を担当する教師が指導計画を作成し、授業を実施するにあたっては、ネイティブ・スピーカーや英語が堪能な地域人材などの協力を得る等、指導体制の充実を図る」とされており、英語に堪能な地域人材の確保が必要となることが予想されます。

そのようなニーズに応える人材には、英語力のほかに小学校での英語指導の知識と技能も必要となります。まずは、通信講座「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」で指導者として必要なスキルを身につけませんか?

子供と英語が大好きなあなたに。初心者でも安心して学べるプログラム。

「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」は、子供に英語を教える知識とスキルを基礎から学べるプログラム。J-SHINE(NPO小学校英語指導者認定協議会)の認定講座のため、「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」で規定の成績を修め、「DVD版 小学校英語指導者資格取得認定講座」の修了、または、2日間の研修講座への参加によって、J-SHINEへの資格申請ができます。この「小学校英語指導者」の資格は、小学生に英語を教える能力があることを示す資格。安心して学べる教材と、充実のサポート体制でしっかりとした力をつけ、児童英語教師になる夢を実現してみませんか。子供の笑顔があなたを待っています!