価格 49,280円(税込)
商品種類 通信講座(一括発送)
受講開始レベル ・英検:準2級~2級・TOEIC:550点
学習分野 英単語・語彙
学習時間 1日40分×週5日
標準学習期間 6カ月

講座の特長

TOEIC(R)テスト860点レベルの強力な語彙力が身につく!


「ビジネスの交渉・会議・プレゼンテーションなどで使える語彙や表現を覚えたい」「英文ニュースをスッと読みたいがわからない単語が多くて進まない」。そんな方には、本講座での語彙力アップがおすすめです。マスターする語彙3120語は主要英字新聞の95%をカバーする頻出語。自然に繰り返しの学習ができる「スーパースパイラル学習法」で無理なく定着できます。読解力・コミュニケーション力のさらなるパワーアップを目指して始めませんか?


英文ニュースが辞書なしでスッと読めるだけでなく、

ビジネスを成功に導く語彙力も身につく!


本講座の3120語は、主要英字新聞の95%をカバーする頻出語彙。さらに教養あるネイティブスピーカーが操る語彙の中核を成す3120語でもあります。だから、英文ニュースや雑誌などを辞書なしで理解できるようになるのはもちろん、ビジネスでも日常生活でも洗練された会話ができるようになります。

特に交渉相手を説得し納得させるための英語力は、世界を舞台に活躍するビジネスパーソンには不可欠です。この講座ではビジネスシーンをより多く取りあげ、実践的なビジネス英会話力がつくように構成されています


※「ボキャビル」=vocabulary building(語彙増強)の略称です。

※「ボキャビル」は株式会社アルクの登録商標です。




USA Today、New York Timesなどの主要英字新聞の記事中に含まれていた延べ210万語を、本講座で扱う3120語が何パーセントカバーしているかを計算した結果、約95パーセント*という高い率がはじき出されました。

*補足:この3120語に「標準語彙水準12000(SVL)」のレベル1~5の語彙を加えて分析しました。

出合いの数だけ語彙は定着する!「スーパースパイラル学習法」

語彙との「出合い」が多ければ多いほど、定着は確実になります。しかし、いくら繰り返しが良いといっても、単純な機械的繰り返しでは退屈するだけで「出合い」にはなりません。 そこで本講座ではいろいろなタイプの出合いを用意。常に新鮮な形で語彙に繰り返し「巡り合える」ように工夫をしています。ひとつの単語への出合いは最大7回。語彙との新鮮な出合いを楽しみながら、自然な形で効率よく語彙を定着させることができます。

英語上級者に必須の3120語を厳選

本講座で扱う3120語は、アルクが総力を挙げて制作した「標準語彙水準12000(SVL)」のレベル6~12から選ばれています。この3120語を、さらにPower Chant 1920語(名詞中心)とDaily Words 1200語(動詞、形容詞、副詞、イディオム中心)に分けて、学習の効率化を図っています。


3つの学習モードでスケジュールに合わせて学習可能!

CDには、テキストのユニット学習部分の英語に対応する日本語訳も収録。通勤時間やちょっとした空き時間を利用してCDのみでの学習も可能です。ライフスタイルに合わせて学習モードを組み合わせましょう。


ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース

教材サンプル

教材体験

実際のテキストを一部ご覧いただきながら、教材CDの音声等を試聴できます。ボタンを押していただくと、別ウィンドウが開きます。どうぞお試しください。

動作環境はこちら

Vol.1 Vol.6

教材構成

ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース

教材構成

コースガイド/テキスト6冊/CD18枚/別冊 『POWER-UP Plus!』6冊/完全語彙集1冊/プライマリーテスト(CD付き)/マンスリーテスト6回/ファイナルテスト1回/特製CDケース/修了証(修了時)※CDの音声はアルクWEB採点サービス「テストコ」からダウンロードできます。

※テスト提出にはインターネットに接続し、アルク受講生専用サイト「テストコ」のウェブ採点をご利用いただく必要があります。

「テストコ」の動作環境をご確認ください。

総合監修

金谷憲(東京学芸大学名誉教授)

ワンランク上を目指すパワーアップの2本柱

中級以上の英語学習者のボキャブラリー パワーアップには2つの柱があります。


まず第1の柱は、レベルの高い語彙を身に付けるということです。「ボキャビル®マラソン・パワーアップコース」に挑戦する皆さんは、基本的な語彙には心配はないはずです。新聞を楽に読めたり、専門的な情報を獲得するのに必要な、難易度の高い語彙の習得が皆さんの目標となるでしょう。


第2の柱は、洗練された大人の会話へとテイクオフするための語彙や表現をモノにすることです。ビジネスシーンでも日常生活でも、単に通じるだけでよいという段階からステップアップするには、変化のあるしゃれた会話のできる力をサポートする語彙が必要になります。


この講座では、この2つの柱に対応するための「仕掛け」が用意されています。


第一の柱には、名詞を中心としたPower Chantを設けて練習するようにデザインされています。この語彙は単独で覚えていても使える単語で、チャンツのリズムに乗って覚える学習法を取り入れています。


第二の柱に対応した仕掛けは、動詞や形容詞、副詞、イディオムを中心にしたDaily Wordsです。こちらの語彙はただ知っているだけでは不十分で、いろいろな文脈で使いこなせるようにしなければなりません。Daily Wordsについては文脈中心の練習が用意されています。

スーパースパイラル学習法で語彙が確実に定着する

語彙との「出合い」が多ければ多いほど、定着は確実になります。1回見ただけで語彙が習得できるわけではありません。当たり前と言えば当たり前です。この講座ではこの「当たり前」に徹底してこだわってみました。


学習の過程で、語や表現1つずつにできる限り繰り返し「出合える」ようにデザインされています。これが「スーパースパイラル学習法」です。1度では身に付かない語彙も2度、3度と出合うことによって定着が促進されるように作られています。


ただし、出合いは新鮮でなくては本当の「出合い」とは言えません。いくら繰り返しがよいといっても、単純な機械的繰り返しでは退屈してしまうだけで「出合い」にはならないのです。


この講座では、いろいろなタイプの「出合い」を用意して、常に新鮮な形で語彙に繰り返し「巡り合える」ように工夫しました。クロスワードやコロケーション学習、英文コラムやランダムチェックなど、巡り合いの舞台が数多く用意されています。さらに、週末にはWeekend Workout、月末にはMonthly Testがあなたを待ち受けています。


語彙との新鮮な出合いを何度も楽しんで、ボキャブラリーの定着を図ってください。応援しています。Good luck!

配送について

詳細はこちらをご覧ください

学習サポート

通信講座受講生専用サイト「テストコ」

テストコ

学習計画を立てたり、学習の進捗状況を記録したり、テストを提出したりできる、通信講座での学習をサポートする通信講座受講生専用サイトです。スマートフォンやタブレット端末にも対応。クイズやコンテンツのダウンロード、専任コーチによる学習相談※なども提供しています。

※一部対応していない講座があります。

通信講座受講生専用サイト テストコとは

コロのアイコン

テストコ内「学習相談」で
質問できるから講座学習がどんどん進む!

英語のプロがマンツーマンであなたの質問にお答えします

学習相談利用者の満足度98%

回答実績1万7000件(※)をこえる英語のプロ「ESAC 英語学習アドバイザー」があなたの質問にマンツーマンで対応。
わからないところや不安な部分など、一人で悩まずに講座学習を進めることができます。

例えばこのようなことが相談できます
  • テキストの内容
    について
  • 学習に取り組むに
    あたっての
    お悩み・ご相談
  • 学習計画の立て方
    苦手分野の取り組み方
    伸び悩みの解決法

(※1)2011年5月のサービス開始時より2019年2月現在まで
(※2)学習コーチは全員「ESAC認定英語学習アドバイザー」のプロフェッショナル 資格を取得している”英語のプロ”です

ご質問の例
  • 教材が思った以上に難しいです。暗記中心の学習になっていますが、それで大丈夫でしょうか。
  • この講座の、効果的な復習の方法を教えてください。
  • 先日受けた TOEIC の結果が悪く、モチベーションががくんと下がってしまいました。やる気を回復する方法ってありますか?
学習相談 利用者の声
  • 丁寧な解説をありがとうございます。独学ではいくら考えても思いつかないことを教えていただき、非常にためになりました。
  • 解説は本当に凄い丁寧でわかりやすいです。初めて知ることが沢山あります。仕事をしてるので、勉強する時間が基本は行き、帰りと早く出勤して一時間位しか時間がないですが、短時間でやるなら、この授業を選んで良かったなと思える回答をいつも頂いてます。感謝しています。
  • 英語に対する苦手な感覚が変わったかもです。感謝してます!
  • 細かな説明ありがとうございます、やる気と自信が湧いてきました!自分のペースで頑張ります。

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.