検索関連結果

全ての検索結果 (0)
日本語教育能力検定試験直前キーワードチェック 音声編

2021年10月24日(日)の日本語教育能力検定試験まで、残すところわずかとなりました。試験直前に重要分野・頻出項目の中で「抜け・漏れ」がないか、キーワードでチェックしましょう。今回は音声編です。キーワードをつなげて頭の中で文章を作って、自分に説明してみてください。自分に対して頭の中で説明するのですから、あまりきれいにまとまっていなくても大丈夫です。

【有声音と無声音】

・声帯振動

・母音

・子音

声帯振動がある音が有声音、声帯振動が無い音が無声音。母音はすべて有声音、子音には有声音と無声音がある。

【母音】

・前舌/後舌

・低母音/中母音/高母音

・円唇/非円唇

母音の舌の位置は「ア」は低母音、「イ」は前舌で高母音、「ウ」は後舌で高母音、「エ」は前舌で中母音、「オ」は後舌で中母音になる。日本語の母音では、「オ」のみが円唇母音、それ以外は非円唇母音になる。

【子音】

・調音点 両唇/歯茎/歯茎硬口蓋/硬口蓋/軟口蓋/声門

・調音法 鼻音/破裂音/摩擦音/破擦音/弾き音/半母音

・声帯振動の有無

子音は調音点、調音法、声帯振動の有無の3つの要素で決まる。

調音点は前から、両唇/歯茎/歯茎硬口蓋/硬口蓋/軟口蓋/声門などがある。

両唇:「フ」「パ」「バ」「マ」

歯茎:「サ」「ザ」「タ」「ダ」「ナ」「ラ」

歯茎硬口蓋:「シ」「ジ」「チ」「ヂ」「ニ」

硬口蓋:「ヒ」「ヤ」

軟口蓋:「カ」「ガ」「ワ」

声門:「ハ」「ヘ」「ホ」

調音法は鼻音/破裂音/摩擦音/破擦音/弾き音/半母音などがある。

鼻音:マ行、ナ行、鼻濁音のガ行

破裂音:カ行、ガ行、タテト、ダデド、パ行、バ行

摩擦音:サ行、ハ行、「ン・ッ」の直後以外の語中のザ行

破擦音:チ、ツ、語頭・「ン・ッ」の直後のザ行

弾き音:ラ行

半母音:ヤ行、ワ

【拍】

・直音

・拗音

・特殊拍

・促音

・撥音

・長音

・拍と音節

仮名1文字で表される音を直音、「キャ」のように小さい「ャ」「ュ」「ョ」の付いた音を拗音と言う。また、「ッ」は促音、「ン」は撥音、「―」は長音と言い、これらは特殊拍と呼ばれる。直音、拗音は1拍・1音節と数えるが、特殊拍は1拍だが音節としては前の拍と一緒に1音節と数える。つまり、「カシュ」は2拍・2音節、「エンカ」「ヒット」は3拍・2音節になる。

【アクセント】

・共通語

・アクセント核

・平板型

・尾高型

・中高型

・頭高型

共通語のアクセントは、1拍目が高ければ2拍目が低く、1拍目が低ければ2拍目は高くなるというルールがある。アクセントが高→低に変わる「高」のところがアクセント核で、これがないものが平板型、アクセント核のあるものはその位置で、尾高型、中高型、頭高型に分けられる。

いかがでしたでしょうか。これまでよく試験にも出題されてきた内容を中心にキーワードを挙げてみました。もしよく分からないキーワードがあったら、参考書などで確認しておいてください。試験本番まであと少し。体調に気をつけて毎日をお過ごしください。

関連記事


令和6年度 日本語教員試験 実施要項発表!

令和6年度 日本語教員試験 実施要項発表!
令和6年度日本語教員試験の実施要項が発表になりました。これまで行われた試行試験の内容から、一部変更になっているところもあります。受験予定の方は、実施要項を注意深くチェックしてください。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします 第2回:勉強法について
 先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。

11月の日本語教員試験対策に!『NAFL 日本語教員試験対策セット』

11月の日本語教員試験対策に!『NAFL 日本語教員試験対策セット』
日本語教師の国家資格「登録日本語教員」の取得に必要となる「日本語教員試験」は、2024年11月17日(日)に第1回目が行われます。 アルクでは累計8万人が受講したアルクの「NAFL日本語教師養成プログラム」のテキスト試験対策書籍を組み合わせた『NAFL 日本語教員試験対策セット』を販売中です。

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします。 第1回:経過措置について1

登録日本語教員や日本語教員試験に関するご質問にお答えします。 第1回:経過措置について1
先日、編集部から「登録日本語教員や日本語教員試験に関する質問」を募集したところ、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。ここで皆様から寄せられたご質問について、これまで公表されている各種資料を基に、個人的な見解を可能な範囲でお答えしたいと思います。文化庁等には確認をしておりませんのでご注意ください。実際にはケースバイケースの可能性もあると思われますので、あくまで参考意見の一つとして聞いていただければと存じます。