TOP > 理系英語のライティング 現在カートに商品はありません

「理系たまごシリーズ」第3弾。世界で活躍する理工系研究者を目指して

理系英語のライティング

本・その他

価格(税込)
一般価格 : 4,104円
会員価格 : 3,694円

著者 : 野口ジュディー深山晶子岡本真由美

商品コード : 7007046
発売日 : 2007年02月28日
商品構成 : 本(257×182×13mm、160ページ)+CD-ROM1枚(Win対応)(コンコーダンス・プログラムALCText Toolkit)

レベル :  英語中級以上  

目次を見る 関連ページ さらに詳しく カートに入れる
関連する複数の商品をまとめてカートに入れることができます!
この商品を含む「理系たまごシリーズ」の商品リストはこちら この商品を含む「アルクのESP」の商品リストはこちら

商品詳細

はじめて科学技術系の英語論文に挑戦する人たちへ向けた1冊
はじめて科学技術系の英語論文の執筆に挑戦しようとしている人たち、特に大学3、4年生、大学院生、研究者に向けた1冊が登場しました。姉妹編として英語のプレゼンテーションの準備過程を学べる『理系英語のプレゼンテーション』もあります。

<本書の特徴>
●まずは、英語論文を書くための基本的な考え方を学びます。その後、投稿規定の読み方、論文タイトルの決め方から、コーパスの活用法、実際の執筆、提出時のカバーレターの書き方までを、全30 Stageで詳細に解説。1日1Stageを学習すれば、約1カ月で英語論文の書き方の基本が身につきます。
●架空の大学生、全球論太郎(ぜんきゅうろんたろう)君が登場し、読者の皆さんと一緒に、英語論文の執筆に挑戦します。皆さんは、論太郎君の論文執筆を疑似体験しながら、実際の作業の流れを確認していくことができます。
●本書では、専門的な英文を書く際に必須のツールとして、コーパスの活用法を重点的に紹介しています。付属のCD-ROMには、サンプルのコーパスデータと、英文分析ツールALC Text Toolkitが収録されているので、本書を読みながらすぐにコーパスの使い方を練習することができます。
●本書で身につけた基本は、どんな分野の論文にも応用可能。本書で論文執筆の基本的な考え方と手順を学んだら、さっそく自分の研究分野の論文データを集めて、今度は自分の論文の執筆にとりかかりましょう!

<付録CD-ROM推奨動作環境>
本書付属のコンコーダンス・プログラム ALC Text Toolkitの動作環境は以下の通りです。
OS:Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7
メモリ:256MB以上
ディスプレイ:256色、800×600ピクセル以上の解像度

*ご使用になるコーパスデータの大きさによっては、より多くのメモリを必要とする場合があります。
*Macintoshでは動作しません。
*上記推奨動作環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。

※表紙のデザインが異なるものもあります(内容は同じです)。


●ESPレベル=Advanced:中上級レベル(学部3、4年生)



【著者】野口ジュディー  プロフィール

ハワイ大学(化学専攻)卒業、テンプル大学大学院修士課程修了(外国語教育)、バーミンガム大学博士課程修了。博士(応用言語学)。現在、武庫川女子大学薬学部教授(英語)。ESP(English for specific purposes)とJSP(Japanese for specific purposes)の研究、ESP教材開発、ESP教育を専門とする。主な著書に『Passport to Scientific English』(ピアソン・エデュケーション)、『テクニカル・イングリッシュの基礎と演習』(総監修:研究社)、『理系英語のライティング』、『理系英語のプレゼンテーション』(以上共著:アルク)など多数

関連商品

関連商品

英語ライティング

理系・医学英語

大学院留学

理系英語シリーズ

アルクのESP