TOP > アルクの「理系英語」シリーズ


詳しくはこちら→ 3カ月で理系英語の吸収力を身につける!

理系の公用語は英語です———
英語で情報を吸収し、発信するための力をつける「理系英語マラソン」


科学論文執筆も、国際学会プレゼンも
全てはベースとなる「英語の消化吸収力」にかかっています。

1日30〜40 分×週5日×3カ月で研究者としてのパフォーマンスを上げ、チャンスを世界に広げる理系の英語力を身につけます。
監修者のメッセージ動画(DVD)、テキスト・ワードブック対応の音声CDで理系に必要なヒアリング力も鍛えることができます。

理系立国ニッポンを支える人材をめざして、今日から始めましょう!

アルク初、理系学習者のための英語教材シリーズ!

ESP(English for Specific Purposes)とは、"専門分野のための英語"のこと。自分の専門分野で国際的に活躍できる人材になるためには、受験英語や一般の英会話とはまた違う、その分野に特化した英語力を身につける必要があります。
アルクのESPは、このような専門分野の英語を学ぶ皆さんを応援するために開発された、英語教材シリーズです。

今後ますます必要となる、理工系学生の英語力
英語力はもはや文系学生だけのものではありません。グローバルに活躍する理工系研究者には、専門書・論文・海外のウェブサイトなどを「読み、情報を吸収する力」と、自分の研究成果を学会等で発表、プレゼンする「情報を英語で発信する力」が必要な時代になりました。
学校英語とのギャップを埋め、世界で活躍できる研究者をめざす
従来の学校英語と、大学院で必要とされる本格的な理系英語の間には大きな差があります。そのギャップを埋めるため、初級者向けのトレーニングキットをはじめ、リーディング、ライティング、単語集、プレゼンテーションに特化したテキストをご用意。理工系研究の現場で役立つ実践的な英語力を磨き、ツールとして英語が使えるようにします。

専門分野の研究に没頭できるよう、本シリーズで理系に必須の英語力を効果的に磨きませんか。そして世界で大活躍する研究者をめざしましょう!もちろん、既に大学院や研究所、企業等で活躍されている方にも役立つこと間違いなしです。


【「中身を見る」動作環境】
■OS:Windows 98, Me, 2000, XP,Vista ■ブラウザ: Internet Explorer 5.0以上
■ディスプレイ:解像度1024x768以上 ■ネットワーク:128kbps以上(ブロードバンド推奨)

理系各分野の基本的な
英語表現を総合的に学ぶ
楽しい科学読み物で、
理系英語のリーディングに親しむ
リズムで覚える科学技術英語
生物一般、細胞、遺伝に関する
重要英単語を完全マスター!
各種工学、物質と現象、材料に関する
重要英単語を完全マスター!
情報処理、システム、通信に関する
重要英単語を完全マスター!
地球環境、資源、エネルギーに関する
重要英単語を完全マスター!
 
最強のコンコーダンスプログラム
(CD-ROM)付!
国際学会発表への
準備・実際の全てが凝縮
ノーベル賞クラスの論文で
読解・ノウハウを学ぶ
環境工学分野の研究者に
必須のロジカルな英語をマスター
資源・材料・エネルギー工学の
研究者に 必須のロジカルな
英語をマスター
 
ロボット工学の研究者に
必須のロジカルな英語をマスター
 
バイオテクノロジー分野
の研究者に必須のロジカルな
英語をマスター
科学技術英語 徹底トレーニング[環境工学]  
科学技術英語 徹底トレーニング[資源・材料・エネルギー工学]  
 
科学技術英語 徹底トレーニング[ロボット工学]  
 
科学技術英語 徹底トレーニング[バイオテクノロジー]  
  科学技術英語 徹底トレーニング
[ロボット工学]
  科学技術英語 徹底トレーニング
[バイオテクノロジー]
   

ライフサイエンス分野の研究者に
必須のロジカルな英語をマスター
 
 
科学技術英語 徹底トレーニング[ライフサイエンス]